心と体のつながり

悩む人

心の健康のために

心が疲れてくると体にも影響が出てきます。近年ではストレスで仕事に影響が出ないようにとストレス診断が義務化されています。ストレスは、人により違います。例えば、人とのコミュケーション能力が低い方は人間関係に疲れてしまいます。または、仕事の内容があっていない方は仕事の内容に疲れてしまいます。通勤時間や通勤の方法、役職、取引先の関係者など仕事に関係してストレスを受けることは多数あります。ストレス診断を定期的に行うことでストレスをためないように工夫することができます。ストレス診断の内容は、気分の落ち込みややる気のなさなどの心の疲れと頭痛や吐き気などの体の疲れがあります。やる気がなくボーとすることが多くなる、仕事の内容が頭に入ってこないなどの方はストレスの初期の段階かもしれません。仕事に行こうとすると頭痛や吐き気がする方は、出社拒否症で相当のストレスがかかっていると考えられます。このようにストレス診断をすることで早く気づき治療することができます。または、ストレス解消方法で改善することができるでしょう。心に以前とは違う感情がある時は、早めに相談をすることをお勧めします。また、頭痛や吐き気などの体の症状は特に注意が必要です。治療をすると改善しますので早めに判断して治療をしましょう。誰にでも小さいか大きいかのストレスは感じます。いつ誰がストレスに関係する病気になってもおかしくない時代です。注意深く診断をしていきましょう。