この機会を活かしたい

ドクター

会社には知らされない

従業員が50人以上働く企業などの事業所に対して年に1回ストレスチェックの実施が2015年12月に始まりました。この検査は事業所に義務付けられていますが2016年11月末で最初の1年間が終了しており、2年目に入っています。ストレス診断は職場の勤務の状況や周囲との関係、また家庭での様子などストレスの程度を測るための様々設問にいくつかの答えの中から選択して答える形式の検査になっています。職場などでも実施され、医師や保健師がその結果を分析し、事業者に提供しますが、個人の結果は事業者には開示されず、あくまで職場として分析されます。ストレス診断でストレスが高いと判断された場合の要因は、仕事の量や職場の人間関係などその人それぞれに異なります。しかし、要因は違ってもストレスを抱えたままで仕事を続けることは本人だけではなく、最終的には企業の業績などにも影響してしまいます。ですからこの検査結果をひとつの気付きのチャンスだと受けとめて不調が進んでしまわないように精神面のケアを行うことが求められています。ストレス診断で高ストレスと判断された場合は今後に注意が必要だそうです。本人が希望すれば精神保健指定医など専門医に面接指導を受けることができます。しかし、検査結果が開示されないとはいえ、面接指導を受ける場合は企業に伝わってしまう場合があり、このため指導が必要でも躊躇してしまう人も中にはいるそうです。初期の状態であれば、対策を立てることも可能なので、それぞれの立場はあるかもしれませんが、ストレス診断でストレスがあると判断された場合には、指導を受けることが推奨されています。