ドクター

この機会を活かしたい

決められた人数以上の従業員が働いている企業では、ストレス診断が義務付けされています。チェック方法は、設問に答えるだけで良く、職場で実施されるでしょう。また、この検査結果を踏まえて自分でケアをしていくといいです。

悩む人

心と体のつながり

ストレス社会と言われている時代となりました。専門の医師によるストレス診断が必要です。企業では義務つけられるほど深刻な問題となっています。しかし、早期発見で治療をすると改善します。心と体はつながっているので注意をしておきましょう。

心のケアをしよう

カウンセリング

チェック項目と必要性

近年、ストレスが原因となって様々な症状が起こり生活が困難な方が増えています。会社においてもストレス診断をするように義務告げられました。専門の医師の元でストレス診断をしなければなりません。それほどストレスが原因となり心と体に様々な症状が出て仕事に影響が出ることが証明されています。ストレス診断の項目としては、最近イライラすることが多い、不安な気持ちが続く、やる気がなく1日中何もしない、人と会うことが怖いなどの心の症状があります。心が疲れてくると体にも影響が出ます。体の症状としては、頭痛や吐き気、めまいなどや会社へ行こうとして玄関に行くと腹痛が起こる、通勤途中に頭痛や吐き気がするなどの症状が起こります。また、睡眠障害や食欲が減少、または増加などの症状もあります。症状がひどくなるとうつ状態になるので注意が必要です。しかし、このような症状は周囲の方も気づかないことが多く、うつ病や自律神経失調症などの病気になることも少なくありません。早く症状に気づくことで早く治療や対策を取ることができます。症状が現れ始めている方には、リラックスできるよう工夫をすることができます。または、治療の薬を処方することもできるでしょう。仕事がしやすいような環境作り、人間関係など対策を取ることも会社側の努めです。ストレス診断の時には正直に応えることが重要です。ストレス診断結果によって治療が必要な方は治療を素直に受けましょう。

看護師

便利な自己チェック

心療内科のクリニックでは、ホームページ上でストレス診断を行っているところも多くあります。自分でチェックできるというメリットがあり、うつの可能性が高いという場合はクリニックで相談する良い機会にもなるため、ぜひ一度利用してみてください。